長崎市を中心としたケータリング。出張料理。

豚肩ロースの炭火焼き

キャラメリゼしたバナナのタルト

自家製ベーコン

2014年12月28日日曜日

クリスマスも終わり、いよいよ今年も残すところあとわずか。皆さんは年末の大掃除や用事は終わりましたか?忙しい時期は食事を作るのも大変ですよね。そんな時にこんなのがあったらいいのに!というお客様からの希望もありお料理の配達を始めました。
ご予算に合わせてお作りします。
煮込み料理なども鍋ごとお持ちしますので、暖かいお料理を楽しんで頂けます!地元の食材をふんだんに使って、バーニャカウダやマリネ、自家製のソーセージやベーコン、パテ、鳥もものコンフィなど手間や時間をしっかりかけて仕上げたお料理をお楽しみ下さい!
お持ちした器は後日回収に伺います。このサービスは配達のみですので、これまでの出張料理よりもずっと気軽にご利用頂けます。集まりごとや、日常の食事にお使い下さい!

2014年12月9日火曜日

12月に入って風が変わりました。いよいよ冬到来。肉、野菜、魚、素材達がこぞってその溢れんばかりのチカラを解放する季節です。寒いのは得意ではありませんが大好きな季節です。
この季節になると寒さを利用して出来る料理も増えてきます。ソーセージやベーコンなども自然の冷蔵庫の中で熟成させて、旨味をぎゅっと凝縮させます。
干したり、燻製にかけたりしてそれぞれに持ち味を持たせたら、根菜をたっぷり使った出汁とサワークラウト、この時期に収穫されるあいゆたかを合わせてシュークルートを作ります。肉の旨味をキャベツの酸味とジャガイモの甘味でバランスを整えます。この季節がもたらしてくれる味です。僕にはレストランで提供するような芸術的な料理は作れませんが、自然環境と素材が与えてくれる土くささを料理にできるのかなと思います。というか、それが目標です。

今年の初めに行った、ピアニストの重松壮一郎さんとの音楽と料理のセッションの時に「素材がひらくのを待つ」ということをテーマにして臨んだ事をきっかけにこの一年思考錯誤を重ねて料理をしてきました。一瞬何かが見えた様な気がする事もありましたが、やっぱりまだまだわからんことばかりですね。でも一つハッキリとしていることは、その答えは素材とその素材を生んだ自然が知っているというのを感じれたこと。料理人に出来ることはたかが知れてるのかもしれないですね。(ペーペーの僕が言うたらいかんですが笑)
まぁ、兎にも角にもやりつづけてみらなわからんなぁ!なんて朝靄のかかる海を眺めながら思うのでした。

しっかし、朝の寒かぁ。なかなか起ききらんばい。


2014年12月2日火曜日

いよいよ、今年も残すところあと一カ月
皆様もお忙しくされていらっしゃるのではないかと思います。今年は起業から二年目という事で設備を増やしたり、新しい取り組みも積極的に挑戦したり、私事ですが結婚なども出来て大きく大きく動いた一年でした。

来年はできることなら奥さんにも手伝ってもらって、パーティー料理のテーブルの演出なども力を入れてより一層食事を楽しんで頂ければと、勝手な妄想を膨らませております。

来年の事はさて置き、今年の年末年始もご予約が増えて参りました。missiは年末年始も休まず営業しておりますがこの時期はどうしても予約が重なってしまい、せっかくご予約頂いたのにお客様のもとへ伺えないことが考えられますので、12月の20日から1月の10日までの期間はお料理の配達のみの営業とさせていただきます。

配達のみとはなりますが、可能な限りお客様のご要望にお応え出来ますよう努力して参ります!今年も最後までよろしくお願いします!
そして来年も1日から全力で突っ走ります!


Powered by Blogger.